お知らせ

田中 善「日本先制臨床医学会に望むこと」

田中 善(たなか よしむ)
日本先制臨床医学会理事
医療法人仁善会田中クリニック理事長

私たち臨床医は、がん、難病の患者を目の前にしたとき、標準治療(保険診療)により改善しないことを多く経験します。その時に、患者さんの方からも他の治療法(自由診療)を求めてこられる時もありますし、医師の側からも何とか治療効果を高めたいとの強い願望があります。その時に、日本のみならず世界から有効な治療の情報を得て、有効であった症例を一堂に会して検討する学会として、この学会の存在価値があります。また、第一線の、明日からでも苦しんでいる患者さんを何とかしたいという、医師として当然の欲求に応えることがこの学会の意義であると思っています。まだ発足間もない学会ではありますが、医師をはじめ医療関係者、各研究会の方々、薬剤や機器の開発の方々の一層のご協力を得て、この学会ががんや難病の治療、予防に役立つことを期待しています。

2019年10月

略歴

田中 善 (たなか よしむ)
鳥取大学 医学部医学科 卒業。医学博士(大阪大学)。大阪大学 第一内科(腎臓内科)、大阪厚生年金病院 腎臓内科医長を経て、医療法人仁善会田中クリニック 理事長に就任。

<所属学会・研究会>
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
日本医師会認定産業医
健康スポーツ医
(一財)腸内フローラ移植臨床研究会代表理事
(一社)日本先制臨床医学会理事
点滴療法研究会ボードメンバー
IAOMT-Asia(International Academy of Oral Medicine and Toxicology)副代表
(一社)日本老化制御医学会常任理事

PAGE TOP